任意整理 体験談

私の任意整理体験談を、恥ずかしいけど全てお伝えします。

私は任意整理で借金地獄から抜け出しました。

 

最初は自己破産しかないと思っていましたが、何とか破産しないで済む方法がないかと考えました。

 

仕事は失っていましたが、次の就職先は決まっていたので、「2〜3ヵ月返済を待ってもらえれば、もしかしたら支払いを続けられるかも…」と思っていたのです。

 

それでも取り立ての電話はガンガン来ますし、交渉しても話を聞いてもらえませんでしたね。。

 

借金200万以上ありましたし、もう自分の力ではどうにもならない…そう思って司法書士に無料相談したのです。

 

その司法書士事務所はインターネットで見つけました。弁護士事務所も考えましたが、司法書士の方が費用が安かったので、司法書士に絞って探したのです。

 

借金問題の相談って誰にも言えないんですよね。返済を滞納する直前に両親に打ち明けようかとも思いましたが、すでに親からもお金を借りていましたし、友人知人にお金を無心することも出来ませんでした。

 

借金返済が出来ないという事実を、誰にも知られたくなかったのです。滞納のことを知られたら、周りの人間全員に愛想を尽かされると思っていました。

 

もし司法書士の先生以外に借金の件を告げていたら、私の元から皆が去っていったと思います。見栄を張ってお金に困っていないフリをしていましたしね…。

 

司法書士事務所へ向かったあの日…

 

最初に司法書士事務所へ行った日は、昨日のことのように覚えています。駅からの道筋がとても遠く感じました。実際は15分ほどで着くのですが、とにかく足取りが重かったのです。

 

それまでの数年間、多重債務者という事実から目を背けて生きていたので、一歩足を踏み出すたび、借金苦の現実に直面している気になりました。

 

「自分はなんてダメな奴なんだろう。情けない人間なんだろう…」と何度も思いながら歩きました。

 

事務所に着いて、女性事務員さんに応接ブースへ通され、最初に借金の状況を聞かれました。何を言われても堪えようと覚悟を決めていましたが、良い意味でビジネスライクな対応でしたね。

 

借金総額や貸金業者の名称、支払可能額などを答えると、「今から先生を呼んで参ります」と女性が席を立ち、5分ほど待ちました。その5分間の長さ、緊張感、背中に流れる汗は今もはっきり覚えています。

 

やがて60歳前後の司法書士の先生(男性)がブースに入ってきました。一見コワモテの先生でしたが、穏やかに喋る方だったのでほっとしました。

 

その司法書士の先生と20分ほど話したと思います。会話の内容はあまり覚えていませんが、その場でクレジットカードにハサミを入れたこと、任意整理の流れ、司法書士費用などを聞いたと思います。

 

「催促の電話が来たら、○○司法書士事務所に依頼したと答えて下さい」と言われました。それで督促がストップするそうです。半信半疑でしたが、後日貸金業者から電話が来たので答えたところ、ピタリと催促の電話は来なくなりました。

 

それだけでも、気持ちが楽になったのを覚えています。

 

任意整理には面倒なやり取りがありません

 

司法書士の先生への初回無料相談の中で、自然に任意整理を依頼することが決まりました。その後もう一度、司法書士事務所へ行きましたが、合計2回の打ち合わせで任意整理手続きが進んでいきました。あとは電話のやり取りでしたね。

 

和解交渉がまとまるまで3ヵ月ほど掛かったと思います。その間、貸金業者への支払いは不要なので、司法書士費用も分割で払うことが出来ました(1社2万5千円でした)。またその間に、再就職先で働き始めました。

 

任意整理を行った結果、今までの利息と今後の利息をカット、遅延損害金もカット、月々の支払い額は債務整理前に支払っていた借金の約半分に抑えてもらいました。

 

その分、1社の支払期間を5年に伸ばしてもらいました。様々な書籍やネットの情報を見ると、支払期間は原則3年とありますが、私のように5年の支払期間でも和解交渉に応じてくれることもありますよ。

 

和解が済んだ後、借金返済を再開しました。その後も返済を続けて、2015年現在は借金の残りが3分の1です。

 

その間、全てが順風満帆だったわけではありません。仕事が変わって収入ダウンしたため、二度目の任意整理も行いましたし、まだまだ余裕ある生活とは言えませんが、着実に借金の終わりが見えています。

 

何より利息が掛かっていないので、返済するたび元本が減っていく生活に充実感を感じています。無理に繰り上げ返済する必要もありませんし、毎月支払える可能なお金でコツコツ返済していますね。

 

私は任意整理で救われた人間の一人

 

任意整理のデメリットとして、「個人情報信用機関に載るため借金が出来なくなる」ということがあります。しかし借金が出来ないことは、私にとって大きなメリットでした。

 

借金滞納する直前は、借金を貯金と思ってATMで借入れてましたからね…。

 

「借金は悪くない、自分は賢く借金している」と信じていましたが、結局、何の計画性もない無謀な借入れを重ねただけでした。しかもお金を借りた後、すぐに浪費する生活を何年も送っていたんですよね。

 

そんな私でも、今は計画的にお金を使えるようになりましたし、少しずつ貯金もしています。将来のことを考えながら日々を過ごしていますね。

 

私は任意整理で救われた人間の一人です。

 

あなたも借金返済で苦しんでいるなら、まずは司法書士や弁護士へ無料相談を行ってみて下さい。以下の街角法律相談所、借金解決シミュレーターを利用することで、あなたに合った法律事務所がきっと見つかりますよ(匿名・無料で利用できます)

 

任意整理で復活が難しい場合も、個人再生や自己破産といった方法がありますから、まずは気軽に無料診断してみて下さいね。

 

街角法律相談所 無料診断はコチラ!