借金滞納 一括請求

借金滞納して一括請求が届いたら

借金滞納すると貸金業者から電話が来るのが一般的です。

 

サラ金でもクレジットカード会社でも、まずは電話から取り立てが始まることでしょう(私はそうでした)。

 

電話を無視し続ければ、催促のハガキが届いたり、職員が自宅に来るケースもありますね。ヤミ金以外は強引な取り立てをしませんが、それでも心理的に追い込まれると思います。

 

そのような取り立てに耳を塞ぎ、さらに無視し続ければ…今度は裁判所から支払督促が送られてきたり、貸金返還訴訟の訴状が届くことがあります。

 

早くて1〜2ヵ月で届くこともあれば、3ヵ月〜半年後に届くケースもありますし、1年後に届くこともありますが、貸金業者としても債権回収のために放置することは無いでしょう。

 

そのような支払督促申立書や訴状には「財産を差し押さえする」と予告していると思います。

 

いずれにしても、これ以上無視できないんですよね。

 

支払督促や訴状にはすぐ対処しましょう

 

支払督促に対して2週間以内に異議申立てしなければ、今度は仮執行宣言付き支払督促が届きます。

 

さらに2週間無視を続ければ、債務名義と言って借金が確定しますし、給料や預貯金の差し押さえが可能になるのです。

 

給料が全て差し押さえられるわけではなく、4分の1までと決まっていますが、会社にも通知が届きますから、差し押さえの事実が勤務先にバレることになりますね。

 

そのため、借金滞納して一括請求が届いたら、すぐに対処して下さい

 

多重債務で借金が増えると現実逃避しがちです。しかし借金から逃げ続けても、必ず、猛スピードで借金が追い掛けてきますし、忘れた頃に現実を突き付けられますよ。

 

私も借金滞納して、情けない自分に向き合いましたが、一括請求は人生再建のチャンスに繋がるんですよね。

 

ここで真正面から債務に向き合えば、借金解決が現実的になりますし、そのためには弁護士や司法書士へ相談することです。

 

もちろん一括請求が届いても、借金全額を支払えれば問題ありません。しかし借金返せないから滞納しているわけですし、今までの未払利息や遅延損害金を合わせれば、相当な金額に膨らんでいるんですよね。

 

「分割でも難しいのに、一括請求なんてムリ…」と悩んでいるのではないでしょうか?

 

差押予告通知(支払督促)や差押通知(仮執行宣言付き支払督促)は、貸金業者からのハガキとは意味合いが異なりますので、すぐに対処して下さいね。

 

我々は法律の専門家ではないので、借金問題に強い弁護士や司法書士に頼ってみて下さい。

 

当サイトの人気ページは以下です。