借金返せない

給料日なのに借金を返せない…

給料日に借金を返せないあなたへ

 

今まで会社の給料日に借金を返していたけれど、今月は返せそうにない、このままだと滞納してしまう…

 

という状況…すごく焦りますよね。

 

その場合、まずは借金整理について考えてみて下さい。

 

私も借金が払えず、任意整理を行いました。

 

借金問題を解決する方法は、自己破産以外にも個人再生、任意整理とありますし、過払い金請求でお金が戻ってくるケースもありますよ。

 

その辺りの判断を自分で行うのは難しいので、まずは街角相談所-法律-の利用を検討してみて下さい。

 

街角相談所-法律-ってどうなの?

 

私は実際に借金返済できませんでした

 

給料日に返済金を用意できない場合…

 

「借金を返せなかったらどうなるだろう」
「督促や催促の電話がガンガン来るのでは?」
「取り立てで自宅に来るのでは?」
「職場に電話がかかってくるかもしれない…」

 

など色々なことを考えますよね。

 

私自身の体験談として、返済できずに迎えた翌日、すぐに電話がかかってきましたね。

 

消費者金融ではなくクレジットカード会社でしたので、最初はハガキが来るだろう、そんなにすぐ取り立ての電話は来ないだろう…と楽観的に考えていたんですよね。

 

しかし、すぐに電話で督促がきたのです。口調は丁寧でしたが、有無を言わさぬ感じで、

 

「いつまでに支払えますか?」

 

という内容でしたね。

 

他にフリーローン(100万円)も滞納しましたが、そちらは催促が来る前に債務整理を行ったので、法律事務所で対応してもらえました

 

給料日なのに借金が返せないケースでも、交渉次第で支払いを伸ばせるかもしれません。私の場合は3〜4日なら支払いを待ってもらえそうでした。

 

しかし…そもそも給料日に借金を返せないわけですから、数日支払いを待ってもらえても、状況は変わらないんですよね。その間に金策できるなら良いですが、大抵の方は厳しいのではないでしょうか。

 

給料日にピンチになるケース

 

多重債務者の体験談を見ても、給料日に数社の消費者金融・カード会社に支払を行っていたり、ATMで素早く入金するプレッシャーで鬱になったり、そもそもお金が用意できるか分からず、激しく落ち込むこともあるでしょう。

 

それでも、今までは何とかなっていたかもしれませんが、現在は総量規制がありますので、借入れが年収の3分の1に制限されていますし、給料がダウンしたり、予定していたボーナスが支給されなかったり…

 

前月の給料とほんの少し違うだけで、借金返済が難しくなるケースも充分に考えられます。

 

病気で会社を休んだ結果、今月は給料が少なかったり、有給休暇を使えず収入ダウンすることもありますし、給料日にピンチを迎えることって意外に多いですよ。

 

毎月5日、15日、20日、25日、31日(月末)が一般的な給料日ですが、その日に借金返済できない場合は債務整理を検討して下さい。

 

私は収入が途絶えて任意整理しましたが、最終的なきっかけは消費者金融の審査に落ちたことでした

 

それまで、借金を整理することに大きな抵抗があり、「出来れば支払いを続けたい、借金で誰かに相談するなんて恥ずかしい…」と思っていたんですよね。

 

しかし消費者金融で新たな借入れを断られて、まさに借金で首が回らない状況になり、勇気を出して法律事務所に相談しました。

 

相談先は弁護士、司法書士、どちらでも構わないと思います。ただし、借金問題に強い事務所、債務整理や自己破産が得意な法律事務所に相談するようにしましょう。

 

無料の借金解決シュミレーター

 

以下の借金解決シュミレーターなら、あなたの借金状況を踏まえた上で、債務整理に強い法律事務所から無料でアドバイスを受けられます。

 

その後に依頼するかどうかは自由ですし、依頼する場合も分割払いOKの事務所だったり、初期費用無料の事務所も多いので、金銭面に関しても考慮してもらえると思います。

 

任意整理なら会社に内緒、家族に秘密で手続きを進めやすいですし、まずは気軽に無料診断を行ってみて下さいね。

 

誰にも言えない借金問題を解決しましょう。