借金苦

借金苦で食費がない…どうする?

借金苦でお金がない、食べる物がないあなたへ。

 

借金地獄の理由は様々ですが、シチュエーションは共通しています。つまり、

 

「お金がない! 24時間お金のことばかり考えている」という状況ですね。

 

人間らしい生活をしようと思っても、借金100万、200万、300万と多重債務に陥れば、

 

毎月の返済だけで5万以上

 

もありえるので、厳しいですよね…。

 

毎月の収入から削れる生活費を考えてみても、

 

  • 家賃は難しい
  • 通勤していれば交通費も難しい
  • 水道代、電気代、ガス代も大きく削れない
  • 家族がいれば養育費や学資保険も必要

 

という状況ではないでしょうか?

 

そうなれば、食費をカットする以外に方法がありません

 

私も借金で食費カットしていました

 

私も任意整理する前は、「生活費でコストカットできる部分は何だろう?」と考えていたんですよね。

 

それなのに、気付けばお金を浪費して、給料日前はカツカツ。

 

お米だけ炊いて、おかずなしで過ごしていました。

 

さらに米が無くなれば、卵を少しずつ食べたり、いわゆる貧乏生活を送っていましたね。

 

あなたも同じ状況でしょうか?

 

借金返済で生活を切り詰めるのは仕方ないとしても、食費がない、食べ物がないシチュエーションはもう、支払不能と言えるでしょう。。

 

その場合、以下の借金整理を考えて下さい。

 

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産
  4. 特定調停

 

ただし、どの方法があなたに合っているかは分かりません。

 

自分では自己破産しかないと思っても、任意整理で解決できるケースもあります。

 

マイホームを残せる可能性として、個人再生という整理方法もありますし、その辺りの判断はプロに任せると良いですよ。

 

たとえば以下の借金解決シミュレーターを利用すれば、あなたに合った整理方法が無料で分かります。

 

匿名可、住所不要で24時間、365日利用できますので、気軽に申し込んでみて下さい。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

 

今では美味しいご飯を食べています

 

借金まみれだった頃の私は、ガス代、電気代が払えませんでした。そして止められました。

 

水道はなかなか止まりませんが(憲法の生存権の関係でしょうか)、暗い部屋で震えていましたね。

 

電気が止まれば米も炊けないですし、ひたすら追い込まれました。

 

自暴自棄になりましたし、借金の現実から目を背けていましたが、それでも

 

「これも良い経験だ。いつか笑い話に出来る」

 

と思っていたんですよね。

 

たしかに今では笑い話です。

 

司法書士に任意整理をお願いして利息カット、さらに、可能な範囲で分割払いにしてもらいましたからね。

 

そこから一気に返済がラクになり、どんどん元本が減った結果、完済まで残りわずかです。

 

あの日、借金を整理したおかげで、私は食費に困ることがなくなりました。

 

今では美味しいご飯を、毎日食べています。

 

お金がなくても無料相談しましょう

 

本当に食費がない、今日も明日も食べる物もない…という場合、まずは弁護士や司法書士のような専門家に相談して下さい。

 

「お金がないから相談なんて出来ないよ!」

 

と思われるかもしれませんが、初期費用無料、分割払いOKの法律事務所もありますからね。

 

街角相談所-法律-を利用すれば、借金診断後に、弁護士や司法書士に依頼することも可能です。
(診断のみなら完全無料です)

 

債務整理や自己破産を考えた瞬間に、

 

「なんて情けないんだろう…」

 

と思うかもしれません。

 

私もそうでした。

 

しかし情けなさを乗り越えて、借金問題の解決に強い法律家に頼って下さい。

 

それは決して、恥ずかしいことではありません。

 

借金解決の気軽な第一歩

 

真面目な人ほど多重債務に落ちやすいと言われますし、

 

「借りたお金を絶対に返したい」

 

という思いが強すぎて、夜逃げや自殺に追い込まれることもあるでしょう。

 

そのくらいお金の問題は根深く、苦しいものです。

 

しかし専門家に相談すれば、解決の糸口がつかめるはず。

 

いきなり弁護士事務所へ電話はしづらくても、街角相談所-法律-はカンタンな入力で申し込めますからね。

 

気軽に第一歩を踏み出して下さいね。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

 

当サイトの人気ページは以下です。