借金滞納

借金滞納、催促を無視するとどうなる?

消費者金融や信販会社などの借金を滞納すると…段階を踏んで催促がきます。

 

貸金業者にもよりますが、滞納から数日以内に電話が自宅に掛かってきたり、ハガキが送られてきます。

 

その電話を無視すれば、今度は職場(勤めている会社)に電話が掛かってくることもありますね。その際は個人名でかけてくるのが一般的です。

 

私も昔勤めていた会社で、そのような電話を受けたことがあります。普段は取引先や顧客以外にかかってこないので何となく分かるんですよね。

 

勘の鋭い人間なら、電話対応するだけで貸金業者かどうか分かりますし、それだけで妙な噂を立てられるかもしれません。結果的に会社に居づらくなることもあるでしょう。

 

それでも貸金業者からの電話やハガキを無視し続けると、今度は支払督促や訴状が送られてくることがあります。支払督促や訴状を無視した場合、強制執行を受ける可能性がありますので、しっかり対応する必要があります。

 

支払督促を無視すれば、その後に『仮執行宣言付き支払督促申立書』が送られてくることもあります。

 

「何が送られてきても、払えないものは払えない」と開き直る債務者もいますが、最終的に給与や銀行口座を差し押さえたり、不動産競売される可能性もありますので、借金問題から逃げずに立ち向かいましょう

 

借金滞納後の催促は焦りますね

 

私は借金滞納の翌日に電話が掛かってきたのですが…とても焦りました。

 

「いつまで払えますか? 2〜3日以内に払って下さいね」と、有無を言わさぬ感じだったんですよね。

 

2〜3日で払えるなら、返済日に払っているのに…と思いましたが、滞納している自分が悪いのは確かです。

 

いっそ取り立てを無視しようかな、現実逃避を続けようかなと思いましたが、借金から逃げ続けることは出来ないと覚悟を固めました。

 

催促が続くと精神的に追い込まれますし、絶体絶命のピンチに陥ります。すぐに取り立ての電話が鳴らず安心していても、ある日郵便ポストに支払督促が入っている、訴状が送られてくるパターンもあります。

 

そうなると自分一人で借金解決することは難しいですし、弁護士や司法書士のような債務整理のプロに任せるのがおすすめです。

 

家族、旦那に内緒で債務整理したい、会社に秘密で借金整理したい…そのような希望に応えてもらるかもしれませんよ。

 

自己破産や個人再生には家族の協力が大切と言われていますが、裁判所を通さずに貸金業者と交渉する任意整理なら、家族や会社に内緒で手続きを進められる可能性が高いんですよね。

 

保証人、連帯保証人に家族や会社がなっていれば別ですが、そうでなければバレずに借金整理が可能です。少なくとも私は周りにバレませんでしたよ。

 

借金滞納で催促を無視しても、最終的には借金問題と向き合いますし、夜逃げで踏み倒すのも現実的ではありません。まずは弁護士や認定司法書士のような専門家への無料相談をおすすめ致します。

 

当サイトの人気ページは以下です。