借金 水道光熱費

借金で水道光熱費が払えないあなたへ

借金で水道光熱費が支払えないあなたへ

 

私も借金が200万以上あり、債務整理前は水道光熱費が支払えない生活を送っていました。

 

ガスが止まってお湯を沸かせない、電気が止まって夜は何も出来ない、そんな生活ですね。

 

水道は最後のライフラインなので、未払いでもなかなか止まらなかったですが、常にギリギリの生活を送っていました。

 

家賃も滞納していましたし、人が尋ねて来ても居留守を使うような生活でした。「いないいない、この部屋には誰もいない…」、そう小声でつぶやいて、頭から布団をかぶっていたんですよね。

 

あなたも同じような生活ではないでしょうか?

 

そんなみじめな暮らしから抜け出すきっかけとして、債務整理があります。

 

自己破産以外にも、持ち家(マイホーム)を手放さず借金整理の可能性がある個人再生や、貸金業者と掛け合って利息や支払額を見直し、和解交渉に持って行く任意整理という債務整理法もありますね。

 

まずはあなたに合った債務整理の方法を知るようにして下さい。

 

街角法律事務所を利用すれば、債務の減額方法や借金整理の方法が分かりますよ。

 

無情な世の中を憎んでいました…

 

水道光熱費が支払えない、家賃が払えない生活って、生きた心地がしないんですよね。

 

頭に浮かぶのは、お金のことばかりです。

 

家賃を2カ月滞納している、3カ月滞納している、そろそろ大家や管理会社から、「家から出て行け」と言われるのでは? 追い出されるのでは?

 

次に違う色の請求書が届いたら、電気が止まるピンチだ。次にガスの督促状が届いたらストップするかもしれない。なんでこんなにも世の中は、血も涙もない世界なのだろう…。

 

色々なことを考えると思います。

 

特に借金苦で首が回らない状態、多重債務で苦しんでいるとモラルが無くなりますし、将来も考えられなくなります。

 

「お金を貸してくれないあいつが悪い」

 

「こんなに困っているのに電気が止まるなんて無情だ!」

 

私はそんなことを思っていました。

 

両親からお金を借りまくって、「これ以上は無理だよ」と言われて、頭に血が上ったこともあります。

 

しかし今から振り返ると(当然ながら)、全て自分自身の責任なんですよね。

 

リボ払いがお得だと思って借金を重ねたのも自分だし、その借金が返せない、返済が苦しい、水道光熱費が払えないと頭を抱えたのも自分なわけです。

 

借金問題は解決できます

 

そんな風に頭を抱えながら、私は常に、支払日のことを考えていました。

 

返済日にお金を返せるかどうか…不安と緊張で夜も眠れませんでした。

 

一時でも借金を忘れるために繁華街で酒を飲む、さらに状況が悪化する、さらに酒を飲む、さらに状況が悪化する…の繰り返しだったんですよね。

 

パチンコ借金地獄に落ちたり、買い物依存症に陥る方も、私と同じ行動パターンが多いです。

 

しかし借金問題は、いつか真正面から向き合わなくてはなりません。水道光熱費が払えない、家賃も払えない状況なら、もう自分一人で解決するのは難しいんですよね。

 

弁護士や司法書士のような法律の専門家に相談することで、借金解決の糸口がつかめることが多いですよ。

 

まずは借金解決シュミレーターを利用して、法律のプロに無料相談されてみて下さいね。あなたの債務の状況を踏まえた上で、最も適切な債務整理の方法を教えてくれますので。

 

当サイトの人気ページは以下です。