債務整理 ブラックリスト

債務整理するとブラックリストに載る?

債務整理するとブラックリストに載るのでしょうか?

 

ブラックリストという単一のリストは存在しませんが、債務整理を行うと信用情報機関に登録されます。そのことを「ブラックリストに載る」と表現することがありますね。

 

現在、指定を受けている信用情報機関は以下の3つです。

 

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC) … 信販会社の信用情報機関
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC) … 銀行・消費者金融・信販会社の信用情報機関
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC) … 銀行系の信用情報機関

 

以前はクレジットカードで事故情報があっても、消費者金融で借入れできるケースもありましたが、今は信用情報機関の情報が共有されていますから、自転車操業は難しくなっています。原則的に借金額は年収の3分の1まで、という総量規制もありますしね。

 

そして信用情報機関に事故情報が登録されている間は、クレジットカードを作成したり、ローンを組んだり、消費者金融から借入れは出来ません。いま手元にあるクレジットカードも、今後使えなくなる可能性が高いですね。

 

その辺りはブラックリストのイメージ通りではないでしょうか。

 

しかし…永遠にブラックリストに載るわけではない

 

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理がありますが、どの借金整理を選択しても、信用情報機関に登録されます。

 

登録されれば前述したようにクレジットカードが使えなくなりますから、それを恐れて、「なんとかブラックリストに載らない方法はないだろうか…」と考える方も多いですね。

 

特にクレジットカード依存、サラ金依存に陥っている債務者は、債務整理による変化に恐怖を感じます。

 

コンビニATMの簡単なキャッシングに慣れると、借金を貯金と勘違いしますし、『クレジットカードを取り上げられる=銀行のキャッシュカードが使えなくなる』と感じているかもしれません。

 

私もそうでした。前に任意整理を行いましたが、目の前で司法書士の先生が私のクレジットカードにハサミを入れた瞬間、大切なものを失った気がしたんですよね。

 

もうカードが使えないという事実に、思わずうつむいてしまいましたが、その後すぐに「これでカード地獄から脱出できる」と思って、妙な解放感を感じましたよ。

 

もちろん、永遠にカードが作れない、ローンを組めないわけではありません。信用情報機関から事故情報が消えれば、再び借金が可能になります。審査にクリアする必要はありますけどね。

 

ブラックリストはいつ消える?

 

ブラックリストに掲載される期間は、およそ5年です。

 

あくまで目安なので、実際に消えたかどうかは、各信用情報機関で確認して下さい。

 

尚、「債務整理を行った日から起算する」という情報もあれば、「完済日から起算する」という情報もありますね。

 

自己破産と個人再生の経験はありませんが、任意整理を体験した感覚としては、貸金業者との和解日から起算がスタートする印象を持っています。

 

その理由として、任意整理から間もない頃、携帯電話の本体を分割払いで申し込もうとしましたが、審査が通りませんでした。しかし任意整理から4年ほど経ち、改めて本体を分割払いで申し込んだところ、今度はあっさり審査が通ったんですよね。

 

あくまで携帯電話の本体分割なので、クレジットカードの作成やローンを組んだわけではありませんが、1つの目安にはなると思います。

 

必要以上に恐れなくても大丈夫

 

ブラックリストを必要以上に恐れる方もいますが、入金予定日から3ヶ月以上延滞すれば、ブラックリストに登録されます。延滞を解消しても、解消日から1年は掲載されるようですし、借金問題を根本から解決するには、債務整理は避けて通れないですね

 

「将来的に住宅ローンを組みたい」と考えている場合は、ブラックリストに掲載されている期間に頭金を貯めてはどうでしょうか?

 

頭金が多い方が住宅ローンに通る可能性が高くなりますし、ブラックリストから消えた後に住宅ローンを組む方が将来設計しやすいですね。

 

私は任意整理後、クレジットカードを持たない生活を続けていますが、日常生活で困ることはありません。

 

最初はインターネットの買い物が不便でしたが、遣ったら遣った分、すぐに貯金から引き落とされるデビッドカードを持ってからは、全く困らなくなりましたね(デビッドカードは借金整理を行っても作成できます)

 

借金整理はは家族や会社にバレる?

 

ブラックリストに関しては以上ですが、「債務整理でブラックリストに載ったら、周囲にバレないだろうか…」と不安を感じているかもしれませんね。

 

しかし自分から言い出さない限り、まず周囲にバレないものですよ。それは任意整理でも個人再生でも、自己破産も同じです。個人再生と自己破産は官報に名前が載りますが、あなたの家族が官報を見る機会はまず無いでしょう。

 

「会社にバレないかな…」と悩むこともありますが、その確率も低いと思います。あなた自身が、今まで官報を細かくチェックしてきたかどうかと考えれば分かりやすいですね。

 

尚、借金整理には弁護士や司法書士の力を借りて下さい。まず匿名で相談したい場合は、以下の借金解決シュミレーターがおすすめです。

 

街角法律相談所さんが提供している無料ツールで、簡単な質問に答えるだけで、債務整理の方法などが分かりますよ。

 

街角法律相談所 無料診断はコチラ!