ネットワークビジネス 債務整理

ネットワークビジネス 債務整理

ネットワークビジネスで多額の借金を抱えているあなたへ。

 

私の知り合いもネットワークビジネスを行っていますが、簡単に稼げるビジネスではありませんよね。

 

コミュニケーション力と幅広い人脈が必要ではないでしょうか。

 

それに、日本ではまだまだ怪しいビジネス、という認識がありますから、自分では良いと思った商品・サービスでも、友人に話すことで敬遠されるかもしれません。

 

それでもノルマが厳しいため、

 

「自分で商品を購入し、在庫の山でどうにもならない」

 

という状況があるんですよね。

 

自己資金で購入できれば良いですが、無担保の銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング、消費者金融に手を出して追い込まれることがあります。

 

リボの返済には時間が掛かります

 

そもそも借金の利息はバカなりません。

 

キャッシングや消費者金融の利息は、法律の上限に近いんですよね。

 

銀行カードローンでも、年利10%以上が多いでしょう。

 

500万、1000万と借入れできれば、年利10%未満に抑えやすいですが、そのような方は高年収だったり、公務員のような信頼性の高い職業に就いているケースが多いと言われています。

 

そう考えると、低利息の借り入れは難しいですし、借金100万〜200万で年利15%でも、リボ払いなら完済まで時間がかかります

 

リボを繰上げ返済しようにも限界がありますよね。

 

「せっかく毎月定額のリボなんだから…」と開き直るかもしれません(私はそうでした)

 

しかしその間も、在庫の山は減りません。

 

より厳しいノルマで追い込まれたり、上手く営業できない自分に苛立ち、自己嫌悪が強くなる可能性がありますよね。

 

ネットワークビジネスはリスクが高い?

 

冒頭で記した知人の他にも、友人がネットワークビジネスを行っていましたが、彼は途中で「このビジネスは自分に向いていない」と気付き、手を引いていました。

 

借金の有無は分かりませんが、ネットワークビジネスに大きなリスクを感じていたようです。

 

私と出合った時にはすでに手を引いたので、商品を薦めてくることはありませんでしたが、冒頭の知人はしつこく周囲に薦めていますし、セミナーへの勧誘を繰り返しています。

 

法律的に問題がなければ、あとはビジネスモデルと商倫理の問題ですから、良い悪いの断定はもちろん出来ません。

 

しかし少なくとも、在庫を抱えるリスク、借金が増えるリスクは高いのではないでしょうか。

 

そしてお金の問題は根深いです。

 

多重債務で返済に追われていれば、何をしても頭の中はお金で一杯ですし、仕事に集中できない、家事や育児に集中できない、という状況も多いんですよね。

 

解決するには、弁護士のような法律の専門家に相談することです。

 

以下の岡田法律事務所は、メールと電話で無料相談を受付けていますね。

 

岡田法律事務所 無料相談はコチラ!

 

弁護士事務所なので、ネットワークビジネスの法律問題に関しても相談してみてはどうでしょうか?

 

まずは借金減額の可能性を知りたい、自分に合った債務整理の方法を知りたい場合は、街角法律相談所もおすすめです。

 

街角法律相談所 無料診断はコチラ!

 

匿名、住所不要で利用できますので、気軽に利用できるのがポイントですね。

 

上記を活用して、ぜひネットワークビジネスの借金問題を解決して下さい。