借金が減らない

借金が減らない、どうすれば減る?

「借金が減らない、どうすれば減る?」と悩んでいるあなたへ。

 

「借金が減らない」には理由があります。

 

  1. 返済額のほとんどが利息に回っている
  2. 定額リボなどで月々の返済額が少ない
  3. 返してもすぐに借り入れている
  4. 毎月の支出が収入を超えている

 

上記のうち、1と2、3と4がそれぞれ関連していますね。

 

まずは1の『返済額のほとんどが利息に回っている』ですが、単純計算で考えてみて下さい。

 

たとえば100万円の借金があり、利息が15%としましょう。

 

この場合、100万円×15%ですから、年間15万円の利息が発生しますね。

 

月換算すると、15万円÷12ヵ月で12,500円になります。

 

要するに、月の支払い金額が12,500円以下なら、

 

「全て利息の返済に回り、元本が減らない」

 

ということです。

 

クレカとカードローンのリボ払いで借金地獄

 

あくまでも単純ケースなので、実際は元本部分と利息部分、双方が減っていくと思います。

 

また、リボ払いでも、借り入れ金額に応じて返済額がアップするケースがあります。

 

私もクレカとカードローンのリボ払いで借金地獄に落ちましたが、当時の明細書を見ると、借入額に比例して返済額もアップしているんですよね。

 

  • 借金50万円で月1万円の返済
  • 借金100万円で月2万円の返済

 

というイメージです(リボルビング払いの契約内容によって変わります)

 

それでも「元本より利息の返済の方が多い」となれば、なかなか借金が減らないでしょう。

 

それが前述した2の『定額リボなどで月々の返済額が少ない』に繋がりますよ。

 

毎月の返済額が少なければ、その分、返済が長期化します。

 

逆に言うと、返済するお金が多ければ、その分、返済期間が短くなる、ということです。

 

一括返済、繰上げ返済が可能なら、ぜひ行うと良いですね。

 

毎月の返済金を5千円増やすだけでも、返済期間が短くなりますので。

 

私も借金に依存していました

 

「それは分かってるけど…現実的に難しいんだけど?」

 

「一括で返済したり、繰上げできるなら、苦労しないよ!」

 

とあなたは思われるかもしれません。

 

その場合、3の『返してもすぐに借り入れている』や、4の『支出が収入を超えている』という状況かもしれません。

 

限界まで借金していても、返済すれば少し枠が空きますよね。

 

ATMで1万円返済して1万円借りる、を繰り返して借金が減らない…。

 

利用を続けて借入額がアップした途端、マックスまで借りてしまった…。

 

そうなると、完全に借金依存です。

 

私も同じでしたが、当時は開き直っていたんですよね。

 

「収入が増えれば、いつか一括返済できる」

 

「借金を背負ってのギリギリ生活が心地良い」

 

「利息はリボの手数料、だから大半が利息に消えてもいい」

 

そんな思いでした。

 

本音は全く違うのに、現実から目を反らすため、言い訳を考えていたわけです。

 

あなたも同じではないでしょうか?

 

しかし心の底では「借金が減らない、どうすれば減らせる?」と悩んでいるわけですよね。

 

そうでなければ、ここまでお読みいただいていないでしょう。

 

では、どうすれば具体的に借金を減らしていけるのでしょうか?

 

支出(出ていくお金)を押さえるには?

 

まず大切なのは、『支出を収入の範囲内に押さえること』です。

 

そのために月の生活費を書き出して下さい。

 

  • 家賃(住宅ローン)
  • 車のローン
  • 生命保険
  • 損害保険
  • 学資保険
  • 教育費
  • 食費
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 遊興費

 

どこに、どのくらい掛かっているのか? を見直すと良いですね。

 

現状で必要な生活費が分かりますし、「どの項目を節約できるか?」と考えることが出来ます。

 

細かな節約よりも、大きく減らせる固定費があれば、思い切って減らして下さい。

 

そうすることで、結果的に返済に回せるお金が増えて、借金が減っていきますよ。

 

ただし、計画自体は簡単でも、実行には覚悟が伴います。

 

浪費グセがあれば、修正しなければなりませんからね

 

そして浪費を治す手段は、なかなか見つかりません。

 

  1. 今の状態に危機感を抱く
  2. 目標(借金完済)を常に意識する

 

という効果的な流れはありますが、それでも、「気付くとお金を遣っている…」という状況はあるかもしれません。

 

特に、ギャンブル依存や買い物依存を克服するのは難しいんですよね。

 

それでもまずは月の生活費を書き出して、お金への感覚を高めて下さい。

 

私も浪費人間ですが、予算管理をエクセルで行い始めてから、金銭感覚が修正されましたので。

 

今も完璧に節約できているわけではありませんが、ジャブジャブ借金していた頃とは意識が違います。

 

あなたもぜひ行ってみて下さい。

 

収入アップを考えましょう

 

次に、収入アップがありますね。

 

「支出を押さえて節約生活を心がける」というだけでは、劇的に借金を減らすのは難しいでしょう。

 

しかし今の収入にプラス3万円あれば? 5万円あれば?

 

その分を返済に回せるので、一気に借金が減る可能性が高いです。

 

収入アップの方法は色々とありますし、向き不向きもあります。

 

Aさんには副業のアルバイトが向いていても、Bさんには向いていない。

 

逆にBさんは、インターネットでせどり(本などを仕入れて転売すること)が向いていた。

 

というケースもあるのです。

 

ブロガーとして広告収入が入ったり、YouTuberとして収入を得られるチャンスもあるかもしれません。

 

他にもクラウドソーシングによって、

 

  • ホームページ制作
  • ロゴ作成
  • アプリ開発
  • システム開発
  • ライティング(ライター業務)

 

のような在宅ワークの可能性もあるでしょう。

 

もちろん会社勤務をされていれば、本業で結果を残すことが、収入アップの早道かもしれません。

 

プラスの査定を得られれば、昇給やボーナスアップも現実的ではないでしょうか?

 

すぐには難しくても、翌年度に期待して本業に力を入れる、という選択肢がありますよね。
(私も元サラリーマンです)

 

そのように、あなたの現状に最適な収入アップに取り組んでみて下さい。

 

アップした分を借金返済に回せば、確実に返済期間が短縮されますからね。

 

さらに借金を素早く減らすには任意整理

 

今までお話ししてきたように、

 

  1. 節約して支出を押さえる
  2. 収入アップで返済額を増やす

 

上記を実践すれば、借金は減っていきます。

 

さらに借金を素早く減らすには、ぜひ任意整理を考えて下さい。

 

銀行やクレジットカード会社、消費者金融と交渉して利息カット、残った元本を3〜5年程度で分割して支払う方法

 

が任意整理です。

 

要するに、金利負担がゼロになり、元本だけをコツコツ分割で返済できる、という整理方法です。

 

裁判所に申請する方法ではなく、あくまでも私的な交渉なので、官報に住所・氏名が掲載されることもありません。

 

その分、交渉経験が豊富な弁護士、司法書士に任せる方が良いでしょう。

 

私も任意整理の体験者ですが、全ての利息がカットされ、残った元本を余裕を持って返済してきました。

 

冒頭でお伝えしたように、借金が100万、200万、300万とふくらめば、一気に返済が苦しくなります

 

利息が年15万、30万、45万と増えていきますからね。

 

そのためにも、節約や収入アップを考える必要がありますが、もし利息がなければ?

 

より返済が楽になり、完済時期が近付きますよ

 

あなたの借金額や職業にもよりますが、まずは以下の無料診断を受けてみて下さい。

 

匿名可、住所不要で受けられる借金減額のシミュレーターです。

 

当サイトからも多数の方が利用されています。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!