借金返済 お金がない

借金返済の金額が多くて生活するお金がない

借金返済の金額が多くて、生活するお金がない…と悩んでいるのはあなただけではありません。

 

毎年、自己破産する債務者が数万人いますし、任意整理はさらに多いと言われています。

 

消費者金融の利用者以外にも、クレジットカードのキャッシングを利用しすぎて返済が苦しい、生活するお金がなくて困っている方も多いんですよね。

 

借金地獄に落ちれば、長期的に人生を考えることが出来ません

 

目の前のお金が全てになりますし、家族、親戚、友人にお金の無心を繰り返し、断られれば、

 

「なんで貸してくれないんだよ!」

 

と悪態つくかもしれませんね。

 

私はそれに近い状況でしたし、そのくらいお金の悩みは深いと思います。

 

そもそも借入れ時は、生活するお金がない状況に陥るなんて、全く考えられないのではないでしょうか。

 

それに、借金なんてすぐに返せる、計画的に利用すれば問題ない、という意識が強いですよね。

 

キャッシング、リボ払いも借金です

 

中には「クレジットカードのキャッシング、ショッピングは借金じゃない」と考えている方もいるでしょう。

 

ショッピングは別としても、キャッシングはれっきとした借金です。

 

利息制限法の適用を受けますし、滞納が続けば信用情報機関に事故情報が登録されます(いわゆるブラックリスト)

 

しかしリボ払いで利用していれば、毎月の返済が一定のため、ついつい遣い過ぎてしまうのではないでしょうか

 

私も借金リテラシーが非常に低く、

 

「リボ払いって何て便利なんだろう」

 

と思っていました。

 

当時20代で会社で働き始めたばかり。

 

カードの1枚くらい持っているのが当然と深く考えず作成したわけですが、すぐに魅力に取り憑かれたんですよね…。

 

あなたはどうでしょうか?

 

クレジットカードは魔法のカードと思っていませんでしたか?

 

真剣に債務整理を考える時

 

最初はリボで低額でも、利用を続ければ(設定によっては)返済額がアップします。

 

また、返済を続ければ限度額がアップすることもあるでしょう。

 

そうして100万、200万と借金が重なり、気付けば多重債務状態…というケースもあります。

 

改正貸金業法では「借金は年収の3分の1」と定められていますが、あくまでもノンバンクの借金です。

 

銀行カードローンは対象外なので、審査に通れば年収の3分の1以上、借りられる可能性もあります。

 

実際は審査がありますから、あなたの収入、職業、財産など、総合的に判断されるわけですが、それでも借金苦で生活が厳しい、今日食べるものにも事欠くシチュエーションってありますよね。

 

そうなれば、節約や家計の見直しでどうにかなる状況ではありません。

 

真剣に債務整理を考えて下さい。

 

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理と種類がありますし、あなたに合った方法に関しては、弁護士や司法書士のような専門家の判断を仰ぐと良いでしょう。

 

そのアドバイスを無料でもらえるのが街角法律相談所ですね。

 

借金減額や過払い金取り戻しの可能性についても教えてもらえますので、まずは気軽に無料診断を受けてみて下さい。

 

街角利用の流れに関しては、以下のページに記載していますので、ぜひご覧になってみて下さいね。

 

街角法律相談所の流れ