過払い 取り返したい

過払いがあるなら取り返したい

「過払い金があるなら取り返したい」と考えていますでしょうか?

 

過払い金とは、利息の払い過ぎにより生じたお金ですね。

 

利息制限法で定められている年利は15〜20%(借金100万以上は15%)ですが、昔はそれ以上、利息を取っている貸金業者もありました。

 

出資法という別な法律では、29.2%を超えない限り罰則がなかったんですよね。

 

いわゆるグレーゾーン金利の問題ですが、今は利息制限法の利息(15〜20%)だけ認められています。

 

その結果、利息制限法の15〜20%と、出資法の罰則にならない29.2%の差額分を『払い過ぎた利息』として元本に充当し、

 

元本がゼロになってもまだ払い過ぎていれば、過払い金として返還請求ができる

 

となったわけです。

 

長年返済を続けていれば過払いの可能性ある

 

グレーゾーン金利が廃止されたのは2010年ですが、それ以前に利息を引き下げた消費者金融や信販会社も多かったようです。

 

そのため、近年の借入れで過払い金は発生しませんが、長年返済を続けていれば、過払い金が発生しているケースがありますよ。

 

完済している借金でも、原則的に完済から10年間は時効にならず、過払い金返還請求ができますので、まずは弁護士や司法書士に相談して下さい。

 

私の知人も、借金完済から10年以内に過払い金を請求し、クレジットカード会社からお金を取り戻していましたね。

 

弁護士によっては5%の利息をつけて返還請求を行ってもらえますし、弁護士費用に関しても、初期費用がかからなかったり、取り戻した過払い金から支払い可能なケースがあります。

 

いずれにしても、「過払い金の可能性があるかも…」とお考えでしたら、気軽に無料相談されて下さいね。

 

街角相談所-法律-の利用者にも、過払い金があるなら取り返したい、と考えて診断を受ける方が多いですし、無料で過払い金の有無が分かりますから、積極的に活用して頂ければと思います。

 

街角相談所-法律-ってどうなの?

 

過払い金を考えるパターン

 

過払い金のパターンをまとめると以下になりますね。

 

  1. 借金返済が苦しいので、過払い金で何とかしたい
  2. すでに完済しているが、もしかして過払い金があるのでは?

 

2のパターンは先ほどお話ししましたが、1で悩んでいる方も多いです。

 

繰り返しになりますが、2010年以降の借金で過払いが発生している可能性は低いです。

 

違法な金利で貸し付けを行っている業者なら別ですが、消費者金融もクレジットカードのキャッシングも、グレーゾーン金利が撤廃された後は、利息制限法に則した金利になっていますね。

 

他にも、貸金業法の改正により『借入れ規制』がありますので、原則的に年収の3分の1までしか借金はできません。

 

しかし銀行カードローンは対象外ですし、ノンバンクの借入れでも、一社で50万、複数合わせて100万まで収入証明書が不要と言われています。

 

貸金業者ごとに審査がありますので、簡単に借金できる時代ではありませんが、それでも状況が変わって

 

「もう返済できない、毎月の支払いが苦しい…」

 

と悩んでいる債務者が多いんですよね(私もその一人でした)

 

そんなときにテレビCMや電車の中吊り広告などで、

 

『過払い金を取り戻せる可能性があります』

 

という言葉を見れば、自分にも該当するかも…と考えるが普通ではないでしょうか。

 

債務整理で返済が楽になります

 

もし過払い金が発生していなくても、借金返済を法的に楽にする方法がありますよ。

 

それが任意整理です。

 

私は任意整理で利息を免除してもらい、返済の負担が軽くなりましたし、その後しっかり元本が減り続けています。

 

利息がカットされれば、無理な繰上げ返済、一括返済を考える必要がないですし、元本も分割払いできるので、余裕を持って返せるんですよね。

 

任意整理は借金200万以下、安定した収入が必要と言われますが、その辺りの考え方は弁護士、司法書士事務所によって異なる部分がありますので、やはり気軽に無料相談すると良いですね。

 

私の場合は借金200万、任意整理の相談時は無職でしたが、翌月から就職が決まっていました。

 

任意整理でも返済が厳しければ、元本を5分の1に圧縮する個人再生、免責を受ければ借金免除の自己破産もありますから、あなたに合った方法を知ることから初めて下さい。

 

街角相談所-法律-で上記が分かりますし、過払い金の可能性があれば、合わせて教えてもらえますよ。