借金返済 病気

病気、怪我の治療費で借金返済できない

「病気や怪我の治療費で借金返済できない」と悩んでいるあなたへ。

 

病気や怪我って予測できませんよね。

 

そのように急な出費があると、毎月の計画が崩れます。

 

  • 食費
  • 家賃(住宅ローン)
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 交際費
  • 通勤代
  • 遊興費

 

など出費の予定を立てていても、病気や怪我が長引けば、仕事を休む日数も増えるでしょう。

 

その結果、「収入が減って借金の支払が難しくなる」という事態が起こってしまうのです。

 

さらに病気や怪我が原因で仕事を失えば…

 

より借金返済が難しくなりますよね。

 

その場合、今の借金に対して、何らかの対策が必要になります。

 

具体的には以下の2つですね。

 

  1. 借金の減額
  2. 借金の帳消し

 

借金減額? それとも借金帳消し?

 

今の借金を減額できれば、返済がラクになります。

 

その方法として、任意整理と個人再生がありますよ。

 

任意整理は貸金業者と私的に交渉し、

 

  • 将来利息カット
  • 残った元本の分割払い(36回〜60回が目安)

 

を目指す方法です。

 

もし今までに利息を払い過ぎていれば、大幅な元本減額や、過払金の返還請求も期待できます

 

個人再生は裁判所に申請し、元本を原則5分の1に減額する方法です(住宅ローンは対象外)。

 

借金300万、500万、1000万とふくらんでいる場合に、特に効果的ですね。

 

次に『借金の帳消し』ですが、その方法として自己破産があります。

 

自己破産はイメージ通り、一定の価値ある財産を全て手放した上で、借金が免除される方法です。

 

あなたにベストな借金整理を知りましょう

 

借金整理を検討する順序としては、

 

  1. 任意整理
  2. 個人再生
  3. 自己破産

 

が良いとされています。

 

まずは任意整理、次に個人再生、最後の手段として自己破産ですね。

 

自己破産には職業制限(手続きが終わるまで一定の職業に就けない)があるので、あえて個人再生を選ぶ方もいます。

 

個人再生には職業制限がありませんし、住宅ローン返済中の自宅を残せる可能性もありますよ。

 

いずれにしても、今のあなたの状況において、どの整理方法がベストかは分かりません。

 

自分で判断しようにも、私たちは法律のプロではないですよね。

 

「過払い金が発生している」と確信を抱いても、返還交渉を消費者金融やカード会社と行うのは大変です。

 

しかし経験豊富な弁護士、司法書士なら、借金解決の道のりを明確に示してもらえるでしょう。

 

今は街角相談所-法律-があります

 

私も任意整理を体験していますが、相談先の司法書士がスムーズに手続きを行ってくれました。

 

その結果、

 

  • 将来利息カット
  • 遅延損害金カット
  • 残った元本を分割払い

 

となり、気付けば借金完済していたんですよね。

 

今は街角相談所-法律-がありますので、無料であなたに合った借金解決方法を教えてもらえますよ。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

 

借金減額の可能性はもちろん、過払い金が発生しているかどうかも分かります。

 

病気や怪我から早期に仕事復帰できれば、任意整理や個人再生。

 

働けない状況が延々と続けば、自己破産という選択肢もあるでしょうか。

 

個人的な相談内容も、街角相談所-法律-の入力フォームに記載できますので、利用してみて下さい。

 

あなたの法律相談カフェ

 

街角相談所-法律-以外にも『あなたの法律相談カフェ』という無料サービスがあります。

 

街角相談所-法律-とは診断結果が異なるケースもありますので、双方に申し込むと良いでしょう。

 

あなたの法律相談カフェ 無料診断はコチラ!

 

実際に任意整理や自己破産を依頼すれば費用が掛かりますが、診断のみなら完全無料です。

 

もし依頼する場合も、初期費用無料、分割払いの弁護士・司法書士がいますので、相談されてみて下さい。

 

借金問題を解決するには、具体的な行動が大切です。

 

その第一歩として、上記の無料サービスを利用してみて下さいね。