借金減額方法

消費者金融やカード会社と減額交渉できる?

消費者金融やクレジットカード会社と減額交渉できるのでしょうか?

 

まずは借金減額の可能性を知る必要がありますよね。

 

借金が減るかどうかは、

 

「今までに金利(利息)を払いすぎているかどうか?」

 

によって変わります。

 

もし金利を払い過ぎていれば元本から引けますし、元本がゼロになっても、更に払い過ぎがあれば、過払い金の返還請求が可能です。

 

ただし私たちは法律のプロ、交渉のプロではないので、借金解決が得意な弁護士・司法書士に任せる方が良いですよ。

 

借金減額や過払い金の交渉は、あくまでも私的なものなので、交渉のテクニックや経験が大切になりますからね。

 

一昔前の過払い金ブームの頃なら、比較的カンタンに取り戻せたようですが、今は貸金業者の対応も渋くなっているそうです。

 

過払い金によって倒産した消費者金融もありますし、資金繰りの悪化が原因でしょうか。

 

いずれにしても、借金減額を実現するには、以下の流れが大切です。

 

  1. 借金減額のシミュレーションを受ける
  2. 減額や過払い金があれば、弁護士・司法書士に依頼する

 

1の『借金減額のシミュレーション』は無料で受けることが出来ますね。

 

それが街角相談所-法律-の借金減額診断シミュレーターです。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

 

街角の無料減額診断を利用することで、

 

「あなたの借金がいくら減るのか?」

 

が分かりますよ。

 

ただし金利の払い過ぎがなければ、私的な交渉のみで元本を減らすことは難しいでしょう。

 

将来利息をカットできる任意整理

 

しかしその場合も、将来利息をカットできる任意整理、という方法があるんですよね。

 

私も任意整理を体験していますが、要するに任意整理とは以下です。

 

金利(利息)をカットした上で、残った元本を3年〜5年で返済する方法

 

任意整理は消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠だけでなく、

 

  • クレジットカードのショッピング枠

 

の返済で苦しんでいる場合も利用できますから、弁護士・司法書士に相談されてみて下さい

 

街角相談所-法律-なら、借金減額の診断と共に、『あなたに合った借金整理の方法』についても教えてもらえますからね。

 

たとえば以下の方法がありますよ。

 

  • 個人再生
  • 自己破産

 

しかしながら、自分でベストな整理方法を判断するのは難しいのです。

 

任意整理で復活できると思っても、自己破産の方が合っているかもしれません。

 

逆に「自己破産しかない」と思っていても、任意整理で人生をやり直せることもありますよ。

 

まずは借金減額の無料診断を受けましょう

 

私も最初は自己破産を覚悟しましたが、司法書士に相談した結果、

 

「定期的な収入が見込めるので、任意整理で返済を続けませんか?」

 

と提案され、そのまま任意整理を正式依頼し、返済がラクになりました。

 

途中で収入ダウンして二度目の任意整理をお願いしたため、完済まで7年かかりましたが、今は全ての借金を返済し終えています。

 

街角相談所-法律-を利用すれば、無料診断先の弁護士・司法書士に、そのまま借金整理もお願いできるんですよね。

 

もちろん依頼すれば費用は発生しますが、

 

  • 初期費用0円
  • 分割払いOK

 

の事務所もありますので、まずは気軽に申し込んでみて下さい。

 

街角相談所-法律- 無料診断はコチラ!

 

他にも、最近話題の減額診断サービスに『あなたの法律相談カフェ』があります。

 

同じく無料で借金減額の可能性を教えてもらえるサービスですね。

 

街角相談所-法律-とは診断結果が異なることもありますので、双方に申し込むと良いでしょう。

 

あなたの法律相談カフェ 無料診断はコチラ!

 

最後にまとめますね。

 

「消費者金融やカード会社との減額交渉は、金利の払い過ぎによる。

 

もし払い過ぎていれば、元本減額や過払い金を取り戻せる可能性あり。

 

払い過ぎがなくても、任意整理をはじめとした借金整理がある。

 

いずれにしても、まずは無料の借金減額シミュレーションから始めましょう」