借金100万 債務整理

借金100万は債務整理の分岐点なの?

カードローンやキャッシングの借入額が2桁(99万以下)と、3桁(100万以上)では、一気に感覚が変わるんですよね。

 

やはり借金100万という数字は重みがありますし、

 

「もう、いつでも返せる金額ではない…」

 

という焦りと不安が同時に襲ってくることでしょう。

 

もちろん経済状況によっても感覚は異なります。

 

年収3000万〜5000万以上なら、100万や200万の借金なんてどうってことはないでしょう。

 

しかし、年収200万に占める借金100万は大変な金額ですし、年収と借金額が近い可能性もゼロではありません。

 

今は総量規制がありますので、クレジットカードや消費者金融の借入金額は『年収の3分の1以下』と決まっていますが、銀行カードローンには規制がないんですよね。

 

審査があるので簡単に借入はできませんが、

 

  • カードキャッシング50万 銀行カードローン50万
  • 消費者金融40万 銀行カードローン60万
  • カードショッピング30万 キャッシング40万 銀行カードローン30万

 

という可能性もあると思います。

 

上記は低年収のケースですが、年収300万以上あれば、ノンバンクだけでも借金100万は可能なんですよね。

 

もっと早く債務整理していれば…

 

借金の正しい知識、金融リテラシーを身に付けていなければ、定額リボで金銭感覚がマヒすることも充分に考えられます。

 

私もカードローンとキャッシングのリボ払いを利用して、「こんなに簡単に借りれるの?」と思った1人ですが、どんどん借入額が増えていきました。

 

それでも、借金30万、50万の内は「まだ何とかなる」と思えたんですよね。

 

しかし借金70万、80万、90万と増え続け、100万を超えた頃には、

 

「もう後戻りできないんじゃないか…」

 

と真剣に悩みました。

 

その段階で債務整理していれば、私は借金滞納しなかったと思います。

 

結果的に借金200万を超え、月々の支払(5〜6万円)を捻出できなくなり任意整理しましたが、もっと早く整理していれば…と後悔しているんですよね。

 

その金額が100万円なのです。

 

借金100万なら、まだ引き返せます

 

借金100万に達した時の罪悪感、焦燥感、閉塞感はいつまでも続きません。

 

借入が101万に増えれば、すぐに110万が見えてきますし、110万に達すれば、130万、150万も目前です

 

毎月しっかり返済を続けていれば、状況次第で借入額がアップしますし、借金で借金を返す生活にハマれば、とにかく目の前の現金が欲しくなります。

 

だって、次の返済が迫っているわけですからね…

 

借金150万、200万に達すれば、そのような多重債務生活が待っているかもしれません。

 

しかし借金100万なら、まだ引き返せますよ。

 

客観的に返済不能なら、100万以下でも自己破産が認められたケースがありますし、利息カットで完済を目指せるなら任意整理を行って下さい。

 

私も任意整理を依頼して救われましたし、まずはあなたに合った整理方法を知ると良いですね。

 

その方法を教えてくれるのが街角相談所-法律-です。

 

街角相談所-法律-ってどうなの?

 

借金問題に強い弁護士、司法書士が多数参加していますので、無料診断を受けてみて下さい。

 

街角相談の具体的な流れは以下のページに記載しています。

 

街角相談所-法律-の流れ