パチンコ 借金 債務整理

パチンコの借金、債務整理できる?

パチンコの借金で悩んでいるあなたへ。

 

「パチンコの借金を整理したい」と思っても、法的に借金整理が可能かどうか気になりますよね。

 

まず自己破産ですが、パチンコやスロット、競馬のようなギャンブルが理由の借金は、原則的に免責が認められません。

 

免責が認められなければ、自己破産はできても、借金帳消しにならないので気を付けて下さい。免責が下りなければ、破産から復権できないんですよね。

 

ただし、裁判所の判断により、ギャンブルが理由の借金でも免責を受けられるケースがありますね(裁量免責と言います)。

 

破産法の趣旨に【債務者の人生再建】がありますから、大多数のケースで裁量免責が認められるようです。

 

そのためにパチンコ依存症を克服するカウンセリングを受けたり、家計簿を付けて反省の態度を示したり、何かしら条件が付くかもしれませんが、裁量免責を受けられる可能性について弁護士や司法書士に相談して下さいね。

 

今は無料相談を受けている法律事務所も多いですし、女性専用窓口で対応している事務所もありますよ。

 

上記のように、自己破産に関してはケースバイケースですが、個人再生と任意整理に関しては、ギャンブルの借金も整理できます。

 

個人再生の利用条件って?

 

個人再生は大幅に借金減額できる手続きで、

 

  1. 主に個人事業主が対象の小規模個人再生
  2. 主にサラリーマンが対象の給与所得者等再生

 

に分かれています。

 

また、小規模個人再生を利用する条件として、

 

  • 住宅ローンを除いた借金総額が5000万円未満
  • 今後3年〜5年の間、継続的に収入を得る見込みがある
  • 債権者の数、および債権額の2分の1以上の不同意がない(消極的同意)

 

がありますね。

 

給与所得者等再生は上記に加えて、

 

  • 給与など定期的な所得があり、変動幅が小さいこと(安定していること)
  • 自己破産の免責を受けてから7年が経過していること

 

という条件があります。

 

いずれにしても、自己破産のように「ギャンブルや浪費の借金は原則、免責を受けられない」ということはありませんので、条件をクリアすれば個人再生を利用できますよ。

 

ただし、小規模個人再生も給与所得者等再生も裁判所に申請する手続きですから、弁護士や司法書士に頼る方が良いでしょう。

 

任意整理はギャンブルの借金でもOK

 

最後に任意整理ですが、個人再生と同じように、パチンコやパチスロの借金でも利用できます

 

任意整理は裁判所を通さず、貸金業者と交渉する整理方法ですから、借金理由を問わないんですよね。

 

消費者金融やクレジットカード会社に対して、わざわざ借金原因を説明するケースは少ないと思いますし、貸金業者としても、さほど関心はないと思われます。

 

任意整理が成功するかどうかは、弁護士や司法書士の力量にもよりますし、貸金業者の対応によっても変わりますね。

 

自己破産(免責)や個人再生は法的な手続きですから、条件クリアで債務免除や借金減額になりますが、任意整理は法律で規定されているわけではありません。

 

もちろん、グレーゾーン金利の時代から借金返済を続けて、利息の払い過ぎがあれば、過払い金が発生していることはあります。

 

その場合は不当利得に当たるので、過払い金の返還請求が可能ですが、過払い金が発生していない場合の任意整理は、文字通り『任意的な交渉』です。

 

貸金業者が和解交渉に応じなければ、交渉が決裂することもありますが、それでも「自己破産されるくらいなら、元本だけでも返してもらいたい、債権回収したい」と考える貸金業者が多いので、任意整理で利息カットの可能性がありますよ。

 

任意整理で元本が減り続けます

 

私も任意整理で未払い利息、将来利息、遅延損害金が免除され、月々の返済額を低くしてもらいました。

 

ただし元本が減るわけではなく、毎月の返済額が低ければその分、返済期間も長くなりますね

 

一般的に「3年間で借金返済できるかどうか?」が目安と言われています。私の場合はクレジットカードが3年、銀行のカードローンが5年の返済期間でまとまりましたね。

 

その後、転職により収入ダウンしたので、同じ司法書士事務所に二度目の任意整理をお願いし、クレジットカードの借金も5年に伸ばしてもらいました。

 

3年〜5年と聞くと、「そんなに長く返済を続けるのか…」と思うかもしれませんが、毎月の返済で元本が減りますし、着実に完済に近付いている満足感があるんですよね。

 

特に、任意整理前に借金地獄に落ちていたり、多重債務で自殺や夜逃げを考えている場合、任意整理後の生活に安心感を覚えと思います。

 

借金整理で人生をやり直しましょう

 

尚、任意整理でも個人再生、自己破産でも、その後一定期間は借金が出来ません。

 

任意整理と個人再生で5年間、自己破産で5年〜10年と言われていますが、少なくとも数年間はクレジットカードが作れなかったり、消費者金融から借金できなくなりますね。

 

そのことが逆に、パチンコをやめる良いきっかけになると思います。

 

中には、「表の金融で借りれないなら闇金で借金しよう」と考える方もいますが、ヤミ金には絶対に手を出さないで下さいね。違法な利息、暴力的な取り立てなど、法律に反するのが闇金です。

 

パチンコやスロットの借金を本気で反省し、「もう一度人生をやり直したい」と真剣に決意すれば、借金整理によって復活できるのではないでしょうか。

 

私も浪費により、キャッシング(リボ払い)の借金がふくらみましたが、任意整理で復活できました。

 

ぜひ弁護士や司法書士に相談して、パチンコ借金地獄から脱出して下さいね。

 

当サイトの人気ページは以下です。