借金滞納

支払督促や、裁判所からの訴状が届いたら…

借金を滞納すると、基本的に貸金業者から電話やハガキが来ます。

 

しかし中には電話が鳴らなかったり、電話を無視し続けて支払督促や裁判所から訴状が届くこともありますね。

 

その場合、文書内に…

 

「一括返済して下さい。出来なければ給与を差し押さえます」

 

と書いてあることが多いです。

 

多重債務で借金がふくらんだり、借金額が100万、150万を超え、200万、300万以上になれば、現実に向き合うことが辛くなります。

 

私も借金が200万以上ありましたので、お気持ちは良く分かります。

 

借金生活を送る過程で、「自分にはどのくらい借金額があるのか、利息でどれだけ消えているのか、完済までどのくらい掛かるのか」を全く考えなくなりました。

 

自動リボルビング払いや、定額のカードローン(フリーローン)で借金を重ねていたので、借金が増えても急激に返済金は上がらなかったんですよね。

 

今から振り返ると、そのことが逆に金銭感覚の麻痺に拍車を掛けたと思います。

 

しかし支払督促や訴状が届いたら…現実に向き合わなければなりません。いつまでも逃げ続けるわけにはいかないんですよね。

 

給料を差し押さえられる前に債務整理を

 

給与を差し押さえられれば、会社に借金がバレる可能性がありますし、そうなれば今までと同じように働き続けるわけにもいかないでしょう。

 

よく債務整理関連の本には、「自己破産を理由に解雇には出来ない。だから大丈夫」という記載があったりしますが、実際もし会社や同僚、上司に借金問題がバレれば、会社に居づらくなるのは目に見えています。

 

私も元々サラリーマンとして働いていましたし、会社という組織には独特の人間関係があるんですよね。

 

そのため、給料やボーナスを差し押さえられる前に、弁護士や司法書士に相談して下さい

 

弁護士のような法律のプロに無料相談して、その後に債務整理を正式に依頼すると、貸金業者に対して受任通知が発送されます。その後は債務者への催促が禁じられていますので、しつこい督促の電話がピタリとストップしますよ。

 

支払督促や訴状への対処に関しても、法律事務所に任せることで、借金問題が解決する可能性が高くなります。どちらにしても、今のままでは状況が悪化していきますので、まずは勇気を出して法律事務所に相談して下さい。

 

私も法律事務所に任意整理をお願いして、借金問題から解放された一人です。

 

以下の借金解決診断シミュレーターなら、匿名可、住所不要で利用できますし、最初の第一歩に適した無料ツールですね。毎月1,500名以上が利用していて、借金解決率も80%と高いので、気軽に利用されると良いでしょう。

 

街角法律相談所 無料診断はコチラ!