リボ払い 債務整理

リボ払いを債務整理で解決する

債務整理を考える方の比率として、「消費者金融よりもクレジットカードの方が多い」という話を聞いたことがあります。

 

特に、ショッピング枠をリボ払いで利用していたり、キャッシングの返済もリボで設定していると、なかなか元本が減りませんよね。

 

月々定額がリボのメリットとは言え、計画なしで使い続けるのは危険です。

 

「今月は余裕がないからリボでカードを使おう、再来月は余裕があるから繰上げ返済しよう」

 

と言ったように、リボ払いは急場しのぎと考える方が良いですね。

 

しかしクレジットカードの中には自動リボもありますし、リボルビング払いや極度型ローンの知識がない場合…

 

気付いたら借金額がふくらんで多重債務、返しても返しても返済が終わらない…

 

という状況もありますよね。

 

そうなった時は、迷わず債務整理を考えて下さい。

 

債務整理って恥ずかしい?

 

「債務整理なんて恥ずかしい…」と思う債務者もいますし、繰上返済や一括返済で返せるなら別です。

 

でも大多数の方は、「リボは定額だからラッキー」と思って、簡単にATMを使うことに慣れています。

 

私もそのような感覚で借入れが止まらなかったですし、きっとあなたも同じではないでしょうか?

 

それでも、リボでキャッシングやショッピングを利用していれば、返済が苦しくなります

 

元本は定額(1〜2万円の返済)かもしれませんが、利息がアップすることがありますし、返済と借入れを繰り返していれば、じわりじわり借金で首が絞まっていきますよ。

 

私自身、どんどんリボの返済が困難になりましたし、2枚のクレジットカードで回しながら、自転車操業の現実から目を背けていましたね。

 

しかし借金依存はなかなか治りませんし、やがて破綻を迎えるものです。

 

そうなれば、「債務整理なんて恥ずかしい…」とは言っていられなくなります。

 

目の前の借金を何とかしなくては、その方法を調べなければ、次の支払いどうしよう、もう借金払えない…という借金地獄に陥りますよ。

 

私もリボ地獄に落ちました

 

私もカードローンのリボ払いで借金地獄に落ちました。

 

リボ払いにも種類があり、主なリボルビング払いとして以下がありますね。

 

  • 定額方式(毎月一定額を支払う方式)
  • 元金定額方式(毎月の返済額と別に金利手数料を支払う方式)
  • 残高スライド定額方式(残高によって返済額が変動する)
  • 定率方式(残高に対して一定割合を支払う方式)

 

どの方式を利用するにしても、リボ払いはなかなか利息が減らない、借金地獄に陥りやすい借り方だと思います。

 

私が利用したのは、定額方式と元金定額方式でした。

 

定額方式はネット銀行の極度型カードローンで設定されていて、毎月の支払額は2万円でした。

 

元金定額方式はクレジットカードのキャッシングで、返済額は2万円+利息だったと記憶しています。

 

2社合わせて200万円の借金がありました。しかし危機感は薄かったんですよね。

 

どちらも返済額が固定されていますし「お金が入ったら一括で返そう」と思っていました。

 

しかし実際は…200万円のお金が入ることはありません。

 

自営業で商売をしていたので「景気が良くなればすぐに返せる。男は借金を背負ってなんぼ」くらいに考えていましたが、現実は甘くないんですよね。

 

今から振り返ると愚かで情けないなと思いますが、当時はリボ払いの借金から目を背けて、現実逃避を続けていました

 

リボ払いは借金の意識が薄くなる

 

リボルビング払いの恐さは、毎月支払う金額が一定なので、買い物に対するハードルが下がることです。

 

特に浪費癖があるタイプ、貯金が出来ないタイプは、自由に使えるお金が目の前にちらつくと、自分を抑止することが出来ません。

 

私も同じタイプだったので分かりますが、「これ以上借金はいけない。自分の首を絞めることになる」と分かっていても、自分で自分を止められないんですよね。

 

結果的に、リボ払いの借金を自分の貯金と勘違いして、どんどん使うようになります。

 

それでも返済額は固定に近いので、借金しているという感覚が希薄になるのです。

 

「今どのくらい借入れ額があるのか、あとどのくらいの期間で支払が終わるのか?」を考えることなく、限度額一杯まで借りてしまうんですよね。

 

そうなると、あとは借金地獄で自転車操業状態です。

 

限度額に達してクレジットカード、キャッシングが使えなくなれば別なカードを作ったり、

 

それでも払えなければ消費者金融から借金したり、気付けば毎月5万、10万と返済が増えていくんですよね。

 

そして多重債務に陥るわけです。

 

たとえ3万円の借金でも、定額の自動リボ払いにしていると、完済まで時間が掛かります。

 

リボの利息は決して低いとは言えませんので、借金総額が50万、100万、150万と増えれば、何年も(何十年も)返済を続けることになるでしょう

 

もちろん途中で一括払いに切り替えれば良いですが、その時には借金額が多すぎて難しい、延々と利息だけ支払っている状況も考えられます。

 

債務整理で完済が見えています

 

私はリボ払いの借金を支払うことが出来なくなり、債務整理を行いました。

 

そして利息ゼロになり、毎月の支払額により、確実に元本が減っています。

 

リボ払いで借金がふくらむと、自暴自棄になるんですよね。

 

その結果、「もう完済しなくてもいい。毎月払い続けよう」と考えてしまいがちです。

 

少なくとも毎月払っていれば、少しは限度額に余裕が出来て、新たな借金が出来るからです。

 

しかし…それこそが借金地獄の状態ではないでしょうか。

 

任意整理を行うと、新たな借金が出来なくなります。それと共に利息が無くなるので、着実に借金の終わりが見えるんですよね。

 

私は200万の借金がありましたが、数年前に任意整理して利息カットで支払続けた結果、現在の借金額は3分の1まで減っています。あと60万ちょっとですね。

 

当時は浪費癖があり、給料を数日で使い切るような性格でしたが、今はしっかり収支計画表を作成して、お金の出入りに気を付けています

 

それも全て、債務整理を法律事務所にお願いしたことがきっかけでした。

 

人生のターニングポイントになりましたし、お金について深く向き合えるようになりました。

 

借金問題を根本から解決する

 

リボの返済が困難になれば、債務整理以外に以下を考えるかもしれません。

 

  • 新しいクレジットカードを作成
  • 消費者金融から借入れ

 

新しいクレジットカードを作成すればマックスまで借りれるし、そうすれば借金地獄から脱出できる…と考えることがあります。

 

私もそうでしたが、キャッシングの限度額まで余裕があるとテンションが上がりませんか?。

 

「まだ50万キャッシングできる!」

 

「あと25万なら借入れ可能!」

 

という状況ですね。

 

まるで、自分のお金のように感じてしまうんですよね…。

 

ワクワクした気持ちでコンビニへ行き、ATMの前に立って10万円、20万円とキャッシングする、そのお金を財布に入れる瞬間に興奮していました。

 

しかし、あくまでも借金です。

 

次の返済はできるかもしれませんが、借金が増えるだけですから、その翌月はもっと苦しくなりますよ。

 

それに、今は総量規制がありますから、借金できる金額は原則、年収の3分の1までと決まっています。

 

借金が生活を圧迫しているということは、すでに年収の3分の1を超えているのではないでしょうか?

 

そうなれば、新しいクレジットカードの作成も、消費者金融の借入れも出来ませんね。

 

銀行カードローンは対象外ですが、だといって無審査で借りれるわけではありません。

 

サラ金の審査に落ちるようなら、銀行カードローンに通るのも難しいでしょう。

 

おまとめローン、借金一本化ってどう?

 

他にも、おまとめローンで借金一本化を考えるかもしれません。

 

クレジットカードを数枚使っている場合、

 

「おまとめローンで借金をまとめたい、そうすれば返済が楽になるのでは?」

 

と考えることがありますね。

 

しかしおまとめローンにも審査があります。

 

私も検討しましたが、とても審査に通るとは思えませんでした。

 

それ以前に消費者金融の審査に落ちていましたし「おまとめローンは審査が厳しい」という話も聞いていたんですよね。

 

それに、借金を一本化しても、根本的な問題が解決するわけではないでしょう。

 

おまとめローンの金利はそこまで安くないですし、カードの利用枠が増えれば、さらに借金が増えるケースもあり得ます。

 

先ほどお話しした、新しいカードの作成、消費者金融からの借入れ、と同じリスクがあるわけですね。

 

リボの借金解決には債務整理

 

上記のような理由から、リボの借金解決には債務整理がおすすめです。

 

長年キャッシングリボを続けていれば、利息を払い過ぎている可能性もあります。

 

年間15〜18%以上、利息を払っている期間が長ければ、借金減額、さらに過払い金を取り戻せるかもしれませんよ。

 

ショッピングリボは難しいですが、キャッシングを長期間、利用し続けているようでしたら、弁護士や司法書士に相談して下さい

 

適正な利息でリボの返済を続けている場合も(利息の払い過ぎがなくても)、債務整理は利用できます。

 

任意整理で利息カットして分割払いできたり、個人再生で元本を大幅にカット、自己破産で借金チャラの可能性もあるでしょう。

 

私は任意整理でしたが、利息がゼロになったため、その後の返済が一気に楽になりました。

 

将来的にも利息が掛からない元本を、収入の範囲内で分割払いにしてもらえたのも大きかったですね。

 

月々の返済額が5〜6万円から3万円になりましたし、その後に収入ダウンしたため、二度目の任意整理をお願いし、返済が2万に減りました。

 

完済時期も近付いていますし、リボの金利に苦しむこともなくなりましたよ。

 

そのためにも、まずは借金減額診断シミュレーターを無料で利用して下さい。

 

借金減額シミュレーター 口コミ評判

 

過払い金の可能性についても教えてもらえますし、匿名可、住所不要で利用できます。