任意整理 デメリット メリット

体験者が教える任意整理の5つのデメリット

任意整理の5つのデメリットを、自身の体験を踏まえてお話しします。

 

考えられる主なデメリットは以下ですね。

 

  1. 一定期間ローンが組めない
  2. 一定期間クレジットカードを作成できない
  3. 借金の元本を大きく減らせない
  4. 借金がチャラにならない
  5. 交渉に応じない業者もある

 

それぞれ見ていきまょう。

 

一定期間ローンが組めない、カードを作れない

 

任意整理すると一定期間(5年程度)、各種ローンが組めなくなります。

 

信用情報機関に事故情報が掲載されるためですね。

 

いわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、各種ローンを組んだり、クレジットカードを作成しようとすれば、審査機関が信用情報機関を参照します。

 

その結果、審査に通らないケースが大半なのです。

 

「100%必ず通らない」というわけではありませんが、「事故情報が掲載されている間は難しい」と言えるでしょう。

 

そのため、今までのようにクレジットカードに依存していたり、銀行系カードローンに頼ることは出来ません。

 

消費者金融からお金を借りることも(一定期間)出来なくなるので注意して下さい。

 

私は携帯電話の分割ローンに落ちました

 

他に私の実体験として、任意整理して間もなく、携帯電話の本体購入の分割ローンに申し込み、審査に落ちた経験があります。

 

それまで利用していた携帯会社ではなかったのですが、審査に通らなかったんですよね。

 

それも任意整理の影響かなと思っています。
(5年経った後は審査に通りました)

 

そのように任意整理のデメリットとして「一定期間カードを作れない、ローンが組めない」がありますね。

 

しかし逆に考えると、その期間はメリットと言えますよ。

 

キャッシングやカードローンの返済が苦しくなった、ということは、

 

収入に見合った生活ではなかった

 

と考えられますよね。

 

手元にカードがなければ依存もない

 

私もそうでしたが、借金依存を克服するには、何かしらの強制力が必要です。

 

返済後、空いた枠でキャッシングしたり、ショッピングで買い物するクセは、手元にカードがある限り直りません。

 

分かっていても、ついつい使ってしまいますからね…。

 

しかし任意整理すれば、強制的にカードを作れない、消費者金融からお金を借りれないため、克服しやすいのです。

 

その習慣に慣れれば、収入の範囲内で生活できますし、自然に借金グセが治る可能性が高いです。

 

少なくとも、私は借金グセが無くなりましたね。

 

すでに任意整理から5年が経過していますが、その後もクレジットカードは作っていません。

 

ネットショッピングに関しては、クレジットカードの代わりにデビットカードがあるので困らないんですよね。

 

デビットカードは利用後、すぐに預金から引かれるので、クレジットカードのようにタイムラグがありません。

 

そのため、「今はお金がないからカードで支払おう」という気持ちにならないのです。

 

デビットカードは任意整理しても作成できるので、考えてみて下さい

 

私は楽天銀行のデビットカードを使っています。

 

借金の元本を減らせない、チャラにならない

 

「借金の元本を大きく減らせない」

 

「借金がチャラにならない」

 

というデメリットが任意整理にはあります。

 

基本的に任意整理で元本は減りません(過去に利息を払い過ぎていれば別ですが)。

 

任意整理によって期待できる効果は以下3点です。

 

  1. 将来利息がカットされる
  2. 残った元本を分割払いできる(原則36回〜60回)
  3. 一部の債権者だけ選んで整理できる

 

他にも自己破産との比較で、

 

  • 資格制限がない
  • 官報に載らない

 

というメリットがありますが、基本的に先ほどの3点を意識して下さい。

 

逆に言うと、「利息はカットされるけれども、元本は減らない」と言えますね。

 

また、任意整理後も支払いは続くので、継続的な収入が必要になります。

 

無職の状態が続いていたり、元本を返済できる見込みがなければ、任意整理での借金解決は難しいでしょう。

 

その場合は個人再生や自己破産を検討することになります。

 

個人再生と自己破産も視野に入れる

 

個人再生は元本が原則5分の1になる整理方法です。

 

ただし、借金100万未満は減額の対象にならないため、

 

  • 借金300万
  • 借金500万
  • 借金1000万
  • 借金3000万

 

など、借金額が多ければ多いほど効果を発揮しますね。

 

自己破産はイメージ通り、借金が帳消しになる手続きです。

 

一定の価値ある財産を手放す代わりに、借金がチャラになります。

 

  1. 個人再生でも借金解決が難しい
  2. 客観的に返済の見込みが全くない

 

そのような場合は、自己破産を検討することになりますね。

 

個人再生も自己破産も、利用時の条件がありますので、詳しくは弁護士や司法書士に相談して下さい。

 

まずは任意整理を検討して、次に個人再生、最終手段として自己破産、という方針の法律事務所もあります。

 

いずれにしても任意整理のデメリットとして

 

「借金の元本を大きく減らせない」

 

「借金がチャラにならない」

 

という点は押さえておいて下さいね。

 

任意整理で完済すれば自信が付きます

 

私は借金200万を任意整理しましたが、元本減額や過払い金はなかったので、まるまる200万を返済しました。

 

それでも、任意整理前は利息の支払だけで一杯一杯だったんですよね

 

それが任意整理で利息ゼロになり、その後はスムーズに元本が減っていきましたよ。

 

任意整理後に収入ダウンしたため、二度目の任意整理も行いました。

 

その結果、完済まで7年かかりましたが、借金完済した瞬間は心地良かったです。

 

その根底には、「安易に自己破産したくなかった」「絶対に借金完済したかった」という思いがあるんですよね。

 

もちろん、収入の何倍もの借金があったり、全く返せる見込みがなければ別ですが、

 

継続的な収入があり、金利カットで返済を続けられる

 

という状態なら、任意整理がベストな整理方法ではないでしょうか。

 

完済すれば自信を持てますし、もう一度、前向きに物事を考えられますからね。

 

任意整理の交渉に応じない業者もある

 

最後のデメリットとして、任意整理に応じない貸金業者が増えているようです。

 

任意整理はあくまでも『任意の交渉』ですから、応じる、応じないは貸金業者の判断になるんですよね。

 

「自己破産されるくらいなら、任意整理で元本だけでも返済してもらおう」

 

という方針の銀行、クレジットカード会社、消費者金融も多いですが、頑なに交渉を拒否する業者もあるでしょう。

 

その場合、任意整理だけで借金解決を考えるのではなく、前述した『個人再生』『自己破産』も含めて考えて下さい。

 

依頼する弁護士、司法書士の方針もありますので、まずは借金解決の無料診断を受けると良いですね。

 

任意整理には法律知識はもちろん、交渉のテクニックも必要なので、

 

「弁護士事務所ならどこでもいい」

 

「司法書事務所ならどこでもいい」

 

とは言えません。

 

やはり経験豊富な事務所、債務整理に強い事務所を選ぶのがベストです。

 

それと共に、あなたと弁護士、司法書士との相性もあるんですよね。

 

相性を確かめるには、いきなり依頼するのではなく、無料診断・無料相談からはじめて下さい。

 

街角相談所-法律-のシミュレーターなら、匿名可、住所不要で借金診断を受けられますよ。

 

借金減額シミュレーター 口コミ評判

 

街角相談所-法律-の無料診断を受ける

 

街角相談所-法律-に無料診断後、「任意整理をお願いしたい」と思えば、そのまま依頼できますし、無料診断のみで終わっても大丈夫です。

 

  • 借金解決の方法を無料で知りたい
  • 条件が合えば任意整理をお願いしたい
  • 自分との相性を確かめたい

 

そのような動機で利用してみてはどうでしょうか。

 

ただし、「今じゃなくてもいいかな…」という気持ちは捨てて下さいね。

 

借金問題を解決するには、前向きな行動力が必要になります。

 

しかし前向きな行動力は、あっという間に消えてしまうのです。

 

「借金相談なんて恥ずかしいし、情けないし、みじめだな…」

 

という思いが勝ってしまうんですよね。

 

私もあなたと同じ立場だったので、お気持ちは良く分かりますよ。

 

でも、あなたが考えているほど、借金解決は難しくありません

 

もしかしたら過払い金があるかもしれませんし、それが無くても、任意整理の負担はそこまで大きくないのです。

 

弁護士や司法書士が貸金業者と交渉している間は、返済もストップしますしね。

 

その間に依頼費用を貯めれたり、初期費用ゼロ円、分割払いに応じてくれる法律事務所も多いです。

 

そのためにも、街角相談所-法律-の借金解決診断だけは、しっかり受けて下さい。

 

いま動かなければ、もう一度、前向きな気持ちになるまで時間が掛かります。

 

その間に、『もっと状況が悪化している』ということも充分に考えられますからね。

 

行動するのは、今ですよ。

 

借金減額シミュレーター 口コミ評判