借金100万 債務整理

借金100万はやばい? 債務整理できる?

「借金100万はヤバイ? 債務整理できる?」

 

「100万で債務整理するメリットはある?」

 

と思っているあなたへ。

 

結論からお話しすると、借金100万でも、債務整理(任意整理)できる可能性がありますよ。

 

任意整理に成功した場合のメリットは以下ですね。

 

  1. 将来利息をカットできる
  2. 遅延損害金をカットできる
  3. 残った元本を分割で払える(原則36回〜60回)

 

そもそも債務整理は私的な交渉ですから、

 

「借金200万だから出来る、100万は出来ない」という基準はありません。

 

あくまでも交渉により、先ほどのメリットを目指す形になります。

 

 

100万の借金、どのくらい減らせる?

 

交渉先=あなたの借入れ先ですね。主な借入れ先に以下があります。

 

  • 銀行系カードローン
  • クレジットカード(信販会社)
  • 消費者金融

 

そのため「交渉が上手く運ぶかどうか?」で左右される部分が大きいんですよね。

 

交渉は本人でも出来ますが、以上のような理由から、実績豊富な弁護士・司法書士に任せる方が良いでしょう。

 

私も司法書士に依頼して債務整理に成功しました。

 

利息と遅延損害金が免除になり、支払える範囲で分割払いにしてもらったんですよね。

 

「あなたの借金がどのくらい減るのか?」に関しては、借金減額シミュレーターで簡単に診断できますよ。

 

↓↓東京ミネルヴァの無料減額診断はコチラ↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所

 

関連ページ:東京ミネルヴァ法律事務所の口コミ・評判どう? 費用や特徴は?

 

実際に借金が減らせると分かれば、そのまま診断先の弁護士・司法書士に依頼もできます。

 

費用は法律事務所によって異なりますが、いま手元にお金がなくても、初期費用無料、分割払い可の事務所も多いですからね。

 

借金100万は債務整理の分岐点

 

借金が100万円に到達すると、「やばい!」と感じる方が多いようです。

 

キャッシングでもカードローンでも、10万〜20万円は余裕がありますよね。

 

それが30万を過ぎ、50万を超えると焦ります。

 

関連ページ:借金50万返せない 債務整理するメリットはある?

 

60万〜70万で開き直り、80万〜90万で本格的に焦るでしょう。

 

関連ページ:カードローンやクレカで借金80万〜90万の債務整理

 

そして借金が100万円に達すると、

 

「100万になってしまった。これは本当にやばい…」

 

と感じるのではないでしょうか。

 

私はそうでしたね。

 

返済と収入のバランス、借金返済計画にもよりますが、借金100万から『綱渡り生活』が見え始めるのかもしれません。

 

そのため、一つの分岐点が借金100万と言えるでしょう。

 

100万以降の分岐点として、借金200万のラインがありますが、その場合も190万で絶望を感じるようになります。

 

もちろんその絶望は、借金100万の段階よりも大きなものです。

 

借金100万の利息は年15%

 

利息制限法では、借金100万円で年利15%が認められています。

 

つまり「年間15万円の利息がかかる」ということです。

 

1ヶ月に直すと12,500円ですね。

 

それ以外に元本部分の支払もありますから、借金100万で月2〜3万円の返済が妥当でしょうか。

 

その辺りは、あなたの借入れ方式にもよります。

 

もし定額リボ払いで返済していれば(返済額にもよりますが)、完済まで長い時間を要するでしょう。

 

繰上げ返済、一括返済できれば良いですが、それが厳しいからリボにしている、という側面もありますよね。

 

借金100万でも債務整理を考える

 

借金100万でも、限度額マックスで生活が苦しければ、何らかの借金整理が必要と考えて下さい。

 

その辺りはケースによっても変わりますね。

 

30歳 社会人 年収300万 借金100万

 

というケースで病気になれば、返済が滞るかもしれません。

 

20代 フリーター 年収220万 パチンコで借金100万

 

というケースで、ギャンブルがやめられなければ、やはり返済が苦しいでしょう。

 

あなたはどうでしょうか?

 

借金100万でも、年収1000万なら余裕を持って返済できるかもしれません。

 

しかし年収が下がったり、失業すれば、一気に苦しくなりますからね。

 

債務整理の3つの種類

 

借金整理の種類は以下です。

 

  • 個人再生(民事再生)
  • 自己破産
  • 任意整理

 

個人再生

 

まず個人再生ですが、裁判所に申請して認められれば、元本が原則5分の1になります。

 

しかし借金100万以下だと元本は減りません。

 

そのため、「少額の借金で個人再生を選ぶメリットはあまり無い」と言えるでしょう。

 

個人再生は借金300万、500万、1000万、2000万など、金額が大きい場合に効果を発揮するんですよね。

 

自己破産

 

次に自己破産ですが、借金100万円でも、客観的に返済不可能なら、認められるケースがあります。

 

実際、100万以下でも裁判所で自己破産が認められた例がありますからね。

 

無職で全く収入がない、今後返済できるメドもない、条件的にも働けないと言ったケースなら、認められる可能性があるでしょう。

 

逆に言えば、借金100万でも安定した収入があり、返済の見込みが付けば、自己破産は難しいと思われます。

 

あなたの状況にもよりますが「客観的に返済可能」と弁護士・司法書士に判断されれば、自己破産で借金免除の可能性はありますね。

 

個人再生・自己破産のデメリット

 

しかし自己破産も個人再生も、これからお話しする債務整理より費用が掛かります。

 

総額50万以上する場合もありますので、基本的に借金100万で自己破産を選ぶメリットは少ないんですよね。

 

また、個人再生も自己破産も、官報に氏名・住所が掲載される、というデメリットがあります。

 

あなたの周囲で官報を読んでいる人間は少ないかもしれませんが、今はインターネットで閲覧できる時代なので、それを見た闇金業者がDMを送り付けてくるケースがありますよ。

 

「家族に内緒で借金解決したい」と思っている場合は特に、個人再生・自己破産は避ける方が良いでしょう。

 

もちろん、「100万円の借金が苦しくて、もうどうにもならない」といった状況では、自己破産以外に方法がないかもしれません。

 

しかし、利息カットした後の元本を、原則3年間の分割払いで完済できるなら、これからお話しする任意整理が良いですね。

 

任意整理

 

個人再生で減額されない、自己破産も現実的ではない、とすれば、残るは任意整理です。

 

任意整理とは、前述したように、銀行、クレジットカード会社、消費者金融など、あなたが借りている業者と交渉して、和解を目指す手続きです。

 

目指す内容は以下ですね。

 

  1. 将来利息のカット
  2. 遅延損害金のカット
  3. 残った元本の分割払い

 

裁判所に申請する手続きではなく、任意で和解を目指しますが、法律知識とテクニックが必要ですから、やはり弁護士・司法書士に相談して下さい。

 

任意整理は借金100万でも可能ですし、自己破産や個人再生と比べて費用も安いです。

 

そう考えると、借金100万で利用しやすいのが任意整理ですね

 

借金100万で任意整理すれば良かった

 

私は借金200万を超えて任意整理しましたが、「もっと早く決断していれば…」と思ったのが本音です。

 

完済まで7年かかりましたし、任意整理前に支払った利息を考えると、やはり早めの決断が必要だったと考えています。

 

たとえ「今すぐ借金を整理する」と決めていなくても、その可能性を検討することが大切です。

 

いきなり電話相談は抵抗があっても、借金減額シミュレーターなら気軽に利用できますからね。

 

24時間いつでも申し込めますよ。

 

↓↓東京ミネルヴァの無料減額診断はコチラ↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所

 

関連ページ:東京ミネルヴァ法律事務所の口コミ・評判どう? 費用や特徴は?